排水管の水漏れトラブルの対処方法

排水管の水漏れトラブルの対処方法 毎日の快適な生活を送るために、自宅で使用する生活用水は日々欠かせないものです。台所、浴室、トイレなど室内の水回りで使用され、日々の生活を支えています。水道から水回りに給水するのが給水管、使用した水を下水道に排水するのが排水管です。水のトラブルの中で給水管から水が漏れても大変ですが、排水管からの水漏れは汚水が室内に流れ出すことになり、不衛生な状態になります。
水のトラブルは経年劣化によって起きるので、どの家庭でも起こりうることです。地震などの天災によりダメージが加わり、劣化が進むこともあります。水が漏れている箇所に専用テープを貼って応急処置をすることも可能ですが、根本的解決のためには業者に修理や交換を依頼する必要があります。

■排水の水漏れによって起こるトラブル

排水管から水が漏れるような状態になると、いろいろなところに悪影響が及びます。漏れた水が蒸発すると室内に湿気が充満し、カーテンや衣類、布団なども湿気を含んでジメッとしたり、壁のクロスが湿気を含んでゴワゴワになり、張替えが必要になったりするケースがあります。湿気によって室内にカビが発生しやすくなり、カビが繁殖し始めると、その部分は劣化が進みます。
湿気を好むシロアリも発生し、繁殖を始めると家の建築資材、プラスチック、家具、電気ケーブルなどにも被害が及びます。マンションやアパートで水漏れが起きた場合、近隣トラブルも予想されます。水が漏れて階下の部屋まで被害を与えてしまい、損害賠償に発展するケースもあります。住居のあらゆる場所に被害を与え、修繕するための費用がかかり、経済的被害も大きいです。

■排水の水漏れが起きる原因
生活水を多く使用する台所は水のトラブルが多くなりがちです。台所の排水管の水漏れの原因は大きく分けると3つあります。パイプと排水口、またはパイプと排水管の接合部分のゆるみがある場合、パイプの中に取り付けているパッキンが損傷している場合、パイプ自体が損傷、破損している場合です。どれも経年劣化によって起こりうることで、年月によって劣化は確実に進み、ついには破損してしまいます。
設置された排水管がどのくらいの年数が経っているかが重要です。設置して間もなく、劣化があまり進んでいない排水管でも、何らかの要因でダメージが加わる場合があります。地震で強い揺れが起きると、それだけで排水管は損傷、破損してしまいます。弱い揺れでは被害は小さいですが、ダメージを受け続けることで劣化は確実に進み、気づいたら水が漏れているということがあります。

■排水の水漏れの対処方法

結合部分から水が漏れている場合、部品のナットが緩んでいることが考えられるので、ナットをしっかり締め直します。このときにあまり力を入れて締めると、排水パイプに必要以上に負荷がかかることになるので注意します。それでも水漏れが解消しない場合は、パッキンなどの部品が損傷、破損していることが考えられます。その場合は新しい部品に交換することで解決が可能です。
交換する部品はメーカーを調べて、同じものを使用することが大切です。パイプ自体が損傷や破損をしている場合、損傷箇所が小さければ、水漏れ専用テープとその上から巻いて補強する保護テープで対応できます。一度水を流して水が漏れないかを確認してみましょう。ただし、根本的解決にはならないので、業者に依頼して交換することも検討します。

■まとめ
排水管の水漏れが起きると、いろいろな被害が発生するリスクがあります。カビやシロアリの発生、近隣住民とのトラブルなど被害が拡大することも考えられます。水が漏れているのを発見したら、どこに原因があるのかを確認します。
水が漏れている箇所が特定できたら、自分で修理できるのか、修理業者に依頼するのか判断することが必要です。損傷や破損の部分が大きければ、本体自体を交換しなければなりません。応急処置を施して修理業者に依頼してください。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース